「フォークリフト」や「危険物取扱者」など工場の求人で有利になりやすい資格

フォークリフトの資格は工場に不可欠

どんな工場でもフォークリフトの使用は必ずあるので、資格を持っていると採用に有利になることは確かです。さらに工場によっては資格手当や収入アップも期待できるので、是非取っておきたい資格の一つといえます。フォークリフトは重い荷物をまとめて移動させる機械ですが、力仕事ではないので女性でも多くの人が活躍している作業です。資格の取得方法は「フォークリフト運転技能講習」の受講と、実技・学科試験に合格することで、18歳以上であれば特に受験資格は問いません。

合格率も95%と難易度も低いため、工場勤務を希望している人は是非受験してみましょう。また履歴書への書き方は、「フォークリフト運転技能講習修了」と正式名称で記入することが決められています。かなりアピールできる資格なので、正確にきちんと記載するようにしてください。

危険物取扱者は工場でのキャリアアップに有利

危険物取扱者とは、酸化性固体や可燃性固体といった消防法に基づく危険物を取り扱うことができる国家資格です。そのため、危険物の取扱いや製造をしている化学工場では必須の資格といえます。化学工場以外の工場でも資格を持っていると専門的な仕事を任せてもらえたり、資格手当が支給されたりするなど収入アップにもつながるので是非取得しておきたい資格です。

工場の求人票でも「危険物取扱者資格を持っている方歓迎」と書かれているものも多いので、採用の際にはかなりアピールポイントになります。危険物取扱者の試験は3科目あり、それぞれ60%以上の正解率が必要です。しかし受験者全体の合格率は約40%と決して難しい試験ではないため、きちんと対策しておけば1度の試験で合格することも可能といえます。