残業時間も要チェック

最少人数のスタッフしかいない工場は繁忙期の長時間残業に要注意

ホワイトな工場を就職先に選ぶにあたっては、毎日の労働時間だけでなく残業の有無や平均的な時間にも注目をして、長く働けそうな環境が整っているか見極める必要があります。たとえば、中小企業の町工場などでは、各現場のスタッフの数が少なく、繁忙期にやむを得ず長時間の残業を担当しなければならないこともあるため注意しましょう。また、工場で仕事をしたことが無い人は、勤務時間中に研修を受けるだけでなく、仕事終わりの時間を使って自主的に必要な知識や技術を身につけるための時間が必要となることもあります。そうした中、繁忙期も業務に追われることなく自分のペースで仕事に取り組みたい人は、スタッフ数に余裕があるところを就職先の候補に入れることが大切です。

正社員にこだわりが無い人はパートの求人もチェックしてみよう

工場の正社員は派遣やパートよりも残業時間が長くなったり、土日祝日の勤務を命じられたりすることがあり、プライベートの時間を大切にしている人にとって様々な問題があります。そこで、正社員として働くことにこだわりが無い人は、パートスタッフの残業が免除されている工場の求人を優先的に探すのがおすすめです。様々な立場のスタッフが働いている工場の中には、パート勤務のスタッフを対象に勤務の時間帯や曜日を選べる制度を導入したり、週に数日のノー残業デーを設定したりしているところもあります。その他、残業に関する悩みを解消するうえで、求職中に各地の工場のウェブサイトや求職者向けの資料を参考にして、ワークライフバランスの考え方を取り入れている工場を見つけるのも良いでしょう。